プログラミングを学ぶ事は自転車に乗れるようになる事によく似ています。

人間は忘れっぽい部分がありますので、自転車に乗れなかった頃の自分自身はなかなか思い出せません。

体系立てて説明をする事と、体系立てて学ぶ事は同じ事ではないのです。

体系立てて説明をして、悦に入り、ついてこれない生徒を出来が悪いと切り離すような先生には私はなりたくありません。

私たちは子供の頃どうやって言葉を話せるようになったのかというと、なんどもなんども繰り返し体で覚えていったからです。

yonabeperl_blog