Windows95が発売された頃を境にインターネットが急速に普及し始めました、当時はプログラマー35歳定年説というものが職業面接の場面でも当たり前のように言われており、いま考えれば全く理屈に合わないことを当時の大人たちは真剣な顔をして若者に意見していたわけです。

プログラマーのような高度な特殊技術が要求される職業は理系の大学や、専門の機関で論理的な思考の下地をつくり、最低でも20代前半から取り組まなければ、到底仕事などで通用するようにはならないと、今もってして多くの人が思い込んでいるようです。

現在は日本人のほとんどが読み書きができます、これほど高度で複雑な読み書きが既にできているのですから、プログラミングに必要な論理的な思考の下地は充分すぎるほど備えていると言えます。

ほんの少しのコツと、楽しみながら続けることで年を取ってからも習得することは可能です。

パソコン1台あれば、すぐに始められるのですから、これほど習得しやすい技術も他にはなかなかないでしょう。

yonabeperl_blog